アルバイト先の先輩は、ネットの出会いにとても詳しい人だったのを知りませんでした。
ツイッターで電話エッチ相手探しに失敗した話をしてみると、そもそもマッチングサービスではないから出会いを探すのは難しいと言われたのです。
聞くところによると、バイト先の先輩も電話エッチを楽しんでいる1人だったようです。
どうやってテレセできる相手を探しているのかを聞いてみました。
「料金は必要になるけど、まっとうな運営をしている出会い系サイトを使えば、テレエッチは可能になってくるよ」
お金を使っているの?って最初に感じてしまったのです。
無料のサービスがあるのに、なんで料金を使っちゃったのかなって感じでした。
それにはしっかりとした訳があったようです。
無料のサービスでは駄目なのか?と聞いたのですが、タダのサービスは女の子の利用者がほとんどいないらしいのです。
botはもちろんのことでアドレスを回収するような業者がいるし、また金券詐欺もたくさんあるということでした。まっとうな出会い系だったら料金が必要だったが、悪質な利用者が極端に少ないし、まれに悪質な人間が入り込んでいても排除してくれているようでした。
そういう理由なのかと、納得したものです。
「エロチャットで気分が盛り上がってくれば、とっても自然にオナ電になるしね。生のあえぎ声聞きながらオナ指示出すのは最高の興奮と快感があるぞ!」と楽しそうに言ってくるのです。
中には
チャットオナニーだけを希望する子もいるようですが、それでもエッチな気分が盛り上がると通話になる可能性も高いと教えられました。
「オナ見せしたいなんて言う女までいるの知ってるか?」
「それはマジですか?」

見せて感じる女の子もいるらしく、オナ見して大興奮のザーメン発射が可能だと言われてしまいました。
オナホールで1人シコシコするのとは違った、強烈な興奮がそこにあるのです。
それだったら先輩の言うまっとうな出会い系を使うのは全然悪くないという気持ちになりました。
「ちょっとしたポイント料金だから、そんなに激しい出費にはならないことと、LINE交換になるから損失は少ないと考えてもいいよ」
ますます先輩が使っている出会い系で、テレフォンセックスができる女の子探しをしなければいけません。