TELH掲示板(PCMAX)で連絡が取れた相手は、同い年の19歳の専門学生の女の子です。
メールで話をしていると、見られることに興奮を覚えてしまうことがあるといってきました。
これはまたとないオナ見のチャンスですから、慎重な態度でメール交換を繰り返し、そして何とかLINEに発展させることができました。
もちろん初めは通話のみで、メール交換のときに若干チャットオナニー的な展開もあったが、そのままオナ指示に突入していきました。
会ったこともない女の子に、エッチな指示を出す興奮は本当にすごいって感じます。
チンコがやたら元気にビンビン状態で自分のメンタルの方も、今まで感じたことがないほどのドキドキ感を味わっていました。
すごくエッチなトーンな声を聞かせてもらえるのです。
チンコを刺激しながら、彼女にエロい指示を出していきました。
「ヌルヌルのオマンコ観察してあげるよ」
「そんなことされたら…頭が変に…」
そういったもののテレビ電話に切り替えてくれたのです。
よく濡れて光っている女の子のオマンコがライブ映像で映し出されて、僕の心臓を飛び出してしまいそうなぐらいにバクバクでした。
「ビラを広げて中を見せて」
「うん、こう?」
ピンク色のとってもエッチな肉が見えちゃって、ますます血が頭に登っていく感覚でした。
「クリちゃん出して触ってみて」

「指を中に入れてみて」
「ペンを挿入しようか」
専門学生にたくさんの指示を出していきました。
それにしたがってオナ見せちまくってくれるのです。
我慢できなくなっちゃって、早めに彼女をアクメに導いていき、僕も精液を噴出しました。

 

 専門学生の女の子と意気投合、その後は週に1回ぐらいは通話をし彼女のオナニーを見て楽しむ関係になったのです。
さらに関係が発展して、まさかのオナニーの見せ合いまで。
僕のオナニーを見て、彼女の方も大興奮だったみたいでした。
「いやだ…はっあっああ…オチンチン、エッチだよっ!!」って言いながら喘ぎ声をたくさん出して昇天してくれました。